Reviews 1

 

レティシア書房 

 

先日、「虹色の小舟」(2700円)という自主制作のCDを出された日高由貴さんが来店されました。ほぼ全曲、自作の詞で歌われた、あるジャンルにカテゴライズされない、素敵な作品です。

 

ジャズのようでそうではない、語りかけるようなシンガー&ソングライターでもない、ましてやクラシックでもなければ、ソウルフルなものでもない。こういう音楽って、上手く出来上がればオリジナリティーの高い作品になるのですが、どっちつかずで、失敗することにもなりかねません。

 

日高さんは、ジャズをベースにしながら、その世界に捉われることなく、良質のポップスを目指したことが良かったと思います。編成は、彼女のボーカルにサックス、ギター、ピアノ、ドラムス、ベースという典型的なジャズ五重奏団。

 

昨今、CDショップに並ぶべっぴんさん女性ジャズボーカルアルバムの、大げさな感情表現と無理にスイングしようとするアルバムとは逆の仕上がりになっています。大事なことは小さくつぶやくと言った詩人がいましたが、そういう世界です。

 

続きはこちら

 

♪♪♪ 

My honest comment is that your performance was excellent and warm,

it should go well on the international market.

―Richard Davis

 

僕の率直なコメントは、君のパフォーマンスは大変素晴らしく、あたたかい。

国際的なマーケットで必ず成功すると思う。

 

リチャード・デイビス

ベーシスト・教育者(クラシック・ジャズ)

アクティヴィスト

 

♪♪♪

 

数多いるジャズボーカリストの中で、自らの文才で詩を紡げる人はほんのひと握りです。

 

心に優しく寄り添うこの暖かな声の持ち主は、そのうちの大切な一人です。

 

栗田洋輔

サックス奏者・作/編曲家

 

 

♪♪♪